グラッシュビスタとルミガンの違いを比較

グラッシュビスタとルミガンの違いを比較

グラッシュビスタは、まつげ貧毛症治療薬です。まつげ貧毛症の治療薬としては、国内で唯一、厚生労働省に認可されています。

クラッシュビスタは、国内の医療機関で処方されます。

一方、ルミガンは緑内障の治療薬として認可されていて、目薬で処方されます。副作用でまつげが伸びるので、まつ毛育毛剤の先発品として使用する人もいるのです。

この2つの医薬品は、成分と使用方法は同じですが、適応症が異なります。適応症とは、治療の効果が期待できる症状です。

グラッシュビスタは、国内でまつげ貧毛症治療薬として認められています。

もし副作用が出た場合は、救済給付を受けれるのです。

しかし、ルミガンは医薬品の認可は受けていますが、あくまで緑内障の医薬品としてです。したがって、まつげの育毛剤として使用した場合に副作用が生じた際には、救済給付の対象になっていません。

そのため、副作用が心配な人には、グラッシュビスタをおすすめします。万が一、副作用が生じても、救済給付があるので安心して使えるからです。

グラッシュビスタとケアプロストの違いを比較

グラッシュビスタは、まつげ育毛剤として、眼科や美容クリニックで処方されている医薬品です。

ケアプロストは、ルミガンのジェネリック医薬品で、緑内障の薬に使われています。しかし、副作用でまつげが伸びるため、育毛剤としても使われているのです。

この2つを比較してみると、さまざまな違いがあることが分かります。

まず、成分や濃度が同じなので、効果が同じです。使い方や塗り方も同じで、1日1回清潔な目元に塗るだけです。

しかし、作っているメーカーや購入方法、価格は異なります。

グラッシュビスタは、厚生労働省によって許可を得て日本のメーカーが作っています。

したがって、副作用が出た場合は救済給付が受けられるのです。

クラッシュビスタは、医療機関やクリニックで処方してもらえます。価格は、およそ2万円から3万円です。

一方、ケアプロストは、インドの製薬メーカーが作っているので、通販でのみ購入が可能です。

ジェネリック医薬品なので価格も安く、おとそ1000円で購入できます。