グラッシュビスタとルミガンの違いを比較

グラッシュビスタとルミガンの違いを比較

グラッシュビスタは、まつげ貧毛症治療薬です。まつげ貧毛症の治療薬としては、国内で唯一、厚生労働省に認可されています。

クラッシュビスタは、国内の医療機関で処方されます。

一方、ルミガンは緑内障の治療薬として認可されていて、目薬で処方されます。副作用でまつげが伸びるので、まつ毛育毛剤の先発品として使用する人もいるのです。

この2つの医薬品は、成分と使用方法は同じですが、適応症が異なります。適応症とは、治療の効果が期待できる症状です。

グラッシュビスタは、国内でまつげ貧毛症治療薬として認められています。

もし副作用が出た場合は、救済給付を受けれるのです。

しかし、ルミガンは医薬品の認可は受けていますが、あくまで緑内障の医薬品としてです。したがって、まつげの育毛剤として使用した場合に副作用が生じた際には、救済給付の対象になっていません。

そのため、副作用が心配な人には、グラッシュビスタをおすすめします。万が一、副作用が生じても、救済給付があるので安心して使えるからです。

グラッシュビスタとケアプロストの違いを比較

グラッシュビスタは、まつげ育毛剤として、眼科や美容クリニックで処方されている医薬品です。

ケアプロストは、ルミガンのジェネリック医薬品で、緑内障の薬に使われています。しかし、副作用でまつげが伸びるため、育毛剤としても使われているのです。

この2つを比較してみると、さまざまな違いがあることが分かります。

まず、成分や濃度が同じなので、効果が同じです。使い方や塗り方も同じで、1日1回清潔な目元に塗るだけです。

しかし、作っているメーカーや購入方法、価格は異なります。

グラッシュビスタは、厚生労働省によって許可を得て日本のメーカーが作っています。

したがって、副作用が出た場合は救済給付が受けられるのです。

クラッシュビスタは、医療機関やクリニックで処方してもらえます。価格は、およそ2万円から3万円です。

一方、ケアプロストは、インドの製薬メーカーが作っているので、通販でのみ購入が可能です。

ジェネリック医薬品なので価格も安く、おとそ1000円で購入できます。

グラッシュビスタでおこなう睫毛貧毛症の治療費は?

グラッシュビスタでおこなう睫毛貧毛症の治療費は?

グラッシュビスタは睫毛貧毛症の数少ない治療薬です。

1日1回上まつ毛に塗るだけで、効果を実感できます。

早ければ数ヵ月後に効果を実感でき、太くてツヤのある睫毛が生えて来るのです。

しかし、妊婦や妊娠している可能性がある人は、安全性が確認されていないため、使用できません。

また、かゆみを感じてしまうケースもありますが、それ以外は目立った副作用はありません。

他のまつ毛育毛薬と比べて効果と安全性が高いので、人気を集めています。

グラッシュビスタは、日本国内で初めて製造販売の認可を受けた睫毛貧毛症の治療薬です。

病院の処方箋を通じて購入できます。

ただし、保険外の自由診療扱いとなってしまうため、ほぼ定価に近い価格です。
金額の相場は、1万5000円から2万円とされています。

さらに、初めて受診したクリニックの場合は初診料に加えて問診料や受診料も発生するので、更に費用がかさむのです。

グラッシュビスタは通販で買えないがルミガンなら買える

グラッシュビスタは通販で購入できません。

その代わり、同じ主成分のビマトプロストを配合したルミガンならば、通販で購入できます。

ルミガンは、日本国内では未承認のため一般には流通していません。

しかし、海外に拠点を置いているインターネットの個人輸入代行サイトから購入できるのです。

ルミガンは、グラッシュビスタと同じ効果があります。また、価格は1本2000円程度で、クラッシュビスタと比べるとかなり安いです。

個人輸入代行サービスは、日本語表記されたホームページから一般的なオンライン通販と同ように買い物ができます。

購入金額や数量によっては稀に関税が発生することがありますが、基本的には振込やカード払いなどで購入できるのです。

「クラッシュビスタは高くて買えない」という人は、個人輸入代行サイトを用いてルミガンを購入してみてはいかがでしょうか?

グラッシュビスタは1日1回使う

グラッシュビスタは1日1回使う

グラッシュビスタは、まつ毛専用の育毛薬です。1日1回寝る前にまつ毛に塗ることで、効果を発揮します。

寝る前の時間帯に使用することで、睡眠中の時間を効果的に利用し、まつげの発育を促せるのです。

これまでのまつ毛の育毛剤と大きく異なる点は、1日1回の使用で済む点です。

寝る前に1回塗るだけなので、手間がかかりません。

また、睡眠中の時間を利用し、高い効果を得られるのです。

通常の育毛剤は、医薬部外品扱いとなるため、薬自身の効果が弱いです。そのため、1日に何回も塗る必要があります。

グラッシュビスタは医薬品であるため、効果が高く、1日1回の使用で済むのです。

しかし、取り扱いが厳しく規制されている面もあります。

使用する時間帯を守るだけでなく、使い方にも充分に注意する必要があるのです。

例えば、薬剤を付けすぎてしまうと副作用が出るので、余分な薬剤は拭き取るなどの注意しなければなりません。

グラッシュビスタは、正しい使い方を徹底することで、高い効果を得られるのです。

美容液ではなく、医薬品という認識を持って、用法用量を守って使用しましょう。

グラッシュビスタを効果的に使う注意点

グラッシュビスタを効果的に使用するためには、さまざまな点に注意をする必要があります。

まず、コンタクトを装着したままでは、点眼薬との干渉が発生する危険性があります。

したがって、コンタクトは外して使用する必要があるのです。

また、基本的に下まつ毛には使用せず、上まつ毛だけに塗ります。

まつげの中でそのボリュームを表現するために重要なのは上まつ毛です。

また、下側は目の中に入りやすいことや、まつ毛自体の抜ける確率が低いと考えられています。

そのため、グラッシュビスタは、上まつ毛に使うことが前提で、かつ効果を実感しやすいのです。

また、就寝時に使用することで、より効果が上がります。

就寝時には目をつむるので、まつげの発育がよりしやすい状態だからです。

朝起きたときにはしっかりと洗顔して医薬品を洗い流しましょう。かゆみなどの副作用も避けられます。

クラッシュビスタは、これらの使い方を守って使用することで、高い効果が得られるのです。

グラッシュビスタで色素沈着やシワの副作用

グラッシュビスタで色素沈着やシワの副作用

グラッシュビスタは、日本で初めて製造販売が認められたまつ毛貧毛症治療薬です。

しかし、有効成分がメラニンを増加させるので、色素沈着の副作用が生じます。

海外では、目の虹彩部分が黒くなった例もあるのです。

日本人の場合は、瞳の色に深みを帯びることがあります。

瞼についた場合も、皮膚がメラニンにより、くすんで見えるようになるのです。

海外の臨床試験データでは、眼瞼溝深化が副作用として確認されています。

また、高齢になることで、瞼周りにはしわが増えるのです。

瞼の様子がいつもと違ってきたり、瞼の開閉に違和感があったりする場合は、すぐに医師に相談しましょう。

そのままグラッシュビスタを使い続けることで、くぼみがひどくなります。しわがより目立ってしまうので、早めの対処が必要です。

グラッシュビスタで目の充血やかゆみの副作用

クラッシュビスタは、主成分にはビマトプロストのほか、ベンザルコニウム塩化物が入っています。

ベンザルコニウム塩化物は、殺菌や消毒等に用いられる成分も含まれているので、肌の弱い人がつけると、かぶれてしまうのです。

かゆみやかぶれが出た場合は、クラッシュビスタの使用をやめて医師に相談しましょう。

他にも、副作用として結膜充血が生じます。結膜充血も添加されている成分が影響していると考えられているのです。

ビマトプロストは、長年、緑内障の治療などに用いられてきた実績があります。

まつ毛貧毛症の治療薬としても効果が高まるよう、ビマトプロストの他に約6種類の添加物が加えられました。結果として、さまざまな副作用が生じるようになったのです。

もともとアレルギーを持っていたり、消毒成分で副作用が出たりした経験があると、かゆみや充血が出やすいです。

また、副作用は、体質によってだけでなく、間違った使い方でも生じます。

必要以上に大量に塗布しても効果が高まることはないので、正しく使いましょう。